山梨県の歌 甲府市の歌 山梨いいじゃん音頭

山梨県の歌

1 光すがしい 朝風に  めぐる山なみ 色映えて
  のぞみあふれる 山梨に  のびゆく明日の よろこびを
  心あかるく 語ろうよ
2 富士も清らな 湖に  実るぶどうの 野は晴れて
  恵み豊かな 山梨に  文化をおこす 楽しさを
  共にたたえて 進もうよ

3 夕べまどいの ともし火に  力あらたに 湧き出でて
  ゆくて輝く 山梨に  手をとり生きる し合わせに
  胸のそこから 歌おうよ

甲府市の歌

1 さわやかに 山なみあけて  日に映える 甲府盆地よ
  朝朝に 富士をあおげば  胸はもえ 力みなぎる
  甲府市は 希望よぶ町   希望よぶ町
2 武田菱 かがやく歴史  しのびつつ はげむあけくれ
  町町に 光あふれて  咲きかおる 文化ゆたかに
  甲府市は 夢をよぶ町   夢をよぶ町   

3 虹わたる ぶどうの丘に  ほのぼのと かすむ湯煙
  窓窓に 笑顔あかるく  もりあがる 県都われらの
  甲府市は あすをよぶ町  明日をよぶ町

 

山梨いいじゃん音頭   作詞:望月吾郎作曲:望月吾郎

昔 武田の 信玄さまは ほうとう肴に 酒をのむ
今じゃ「鳥もつ」 日本一だね どちらも味なら 天下一
山梨いいじゃん たおれてくるじゃん はんでめためた ごっちょでごいす

富士のお山と 五つの湖(うみ)は 日本のほまれ 世界の遺産
八ヶ岳(やつ)のふもとの 高原ホテル 恋が芽生えて 星が降る
山梨いいじゃん たおれてくるじゃん はんでめためた ごっちょでごいす

文化芸術 ミレーの館 小瀬(こせ)で輝く ヴァンフォーレ
富士川沿いには 身延線 日蓮さまが 呼んでます
山梨いいじゃん たおれてくるじゃん はんでめためた ごっちょでごいす

果実の王国 ぶどうに桃と 光まばゆい 宝石の街
夢のリニアに 乗るその日まで ワインかたむけ 長生きしよう
山梨いいじゃん たおれてくるじゃん はんでめためた ごっちょでごいす

天にそびえる 甲府の城と 都心を結ぶ 中央線
未来の架け橋 甲府の駅は世界に伸びる 虹の橋
山梨いいじゃん たおれてくるじゃん はんでめためた ごっちょでごいす