辰巳会 ゴルフコンペ 10月31日 大月花咲カントリー倶楽部

上記写真PDF化しました。一人一人のお顔拡大で見れます。

下記水色のダウンロードの文字クリックして開いて下さい。

ダウンロード
2013年10月31日大月花咲カントリーにて
望月政男・奥山利雄・長田久直・堀田ふつみ・河西一夫・小河原正己・大森政市・南真紀子・井上正宏・小森始・功刀悠久・三枝博・橘清光・板済明・望月千賀子・田中邦司
PA310090.pdf
PDFファイル 2.6 MB

好天に恵まれました今日10月31日大月花咲カントリー倶楽部で第65回目の山紫会「辰巳会」のゴルフコンペが行なわれました。参加者は女性2名を含め4組16名で楽しく旧交を温めました。優勝は望月政男君でグロス82でした。遠くは静岡市清水区からもご参加頂きました。次回は来年5月22日木曜日と決まりました。

荒木輝一君の最優秀作品

ダウンロード
茅野市体育協会主催・スポーツ体験・実践発表作品。愛妻を亡くし自分は肺ガンで肺の半分を摘出し、それでも剣道6段に昇進した意気込みと努力の回想誌
荒木君最優秀作品.pdf
PDFファイル 938.8 KB

保坂紀夫「竹のアート展」

浜松 出世しろ 楽器博物館   田中邦司

  写真はクリックすれば拡大します。

昨日(25年9月7日)は仕事関係の甲府北支部の研修旅行があり浜松方面に日帰り旅行をしてきました。

第二東名を走るのは初めて、山の中・トンネルばかりでしたが走り・乗り心地は最高でした。(帰りの従来の東名に比べて特に振動のなさ滑るようでした。)

松島十湖(明治、大正の時代に、第二の芭蕉といわれ俳人)の句に

「浜松は出世城なり初松魚」と詠まれていますが、浜松城は徳川家康が天下人への道を開き、その後も有力大名が代々居城し、老中を多く輩出した城で、地元では出世城として有名のようです。

その.出世城」(しゅっせじょう)を商標としたお酒の蔵元があり寄ってきました。シーズンオフなので清酒製造現場は見れませんでしたが、案内人曰く出世城」は別な読み方で{出世しろ}Karir putih だそうです。僕 笑らちゃいました。この歳になって、出世しろ なんて。それでも縁起を担いで試飲しお土産に買ってきました。

浜松は楽器の街。浜松市楽器美術館なる博物館があり、ここには、世界各地の珍しい楽器が、ずらり展示してあり、ヘッドホーンで一部音(演奏)を聴けるようになっており、音楽ファンには堪らないものかもしれませんでした。

お昼ごはんは「ひつまぶし」そのほかに第二東名のサービスエリア・うなぎパイのファックトリー・焼津のお魚センターと楽しい旅(車中での酒盛り)の一日でした。

 田中邦司

中村房江さん 投稿 まだまだ続く酷暑の日々

まだまだ続く酷暑の日々   中村房江

 

盆も過ぎ高校野球の決勝戦も終ったというのに秋の気配は全くない、異常な夏にもう息もたえざえという日々である。それでも8月初めの一週間は孫たちとの恒例の熊本行。11歳で母を亡くした私と4歳年下の弟を母親代りに面倒を見てくれた姉が一人娘の嫁ぎ先の熊本で10年余り前から生活していて、夏休みのバカンス?として訪ねている。その時の方が涼しかったような気がする。81歳になった姉は全く昔の面影はないが、逢えば二人で乗り越えてきた歳月がよみがえる。いつもは熊本近辺の温泉へ一泊くらいはするのだが、今回は玉名の花火大会(熊本最大)、御立岬の海水浴、福岡ドームの野球観戦(姪がソフトバンクの大ファン)久しぶりに大歓声の外野席で野球の醍醐味を満喫した。博多までの九州新幹線さくらも豪華で素晴らしかった。

8月21日にはWさん、T氏と長田興吉さんが所属する写真クラブの展覧会を見にいった。彼は入院中とか不在で3人でティータイムとしばしオシャベリをした。

あと何日続くかこの暑さ、私的な夏日記で失礼しました。

 

フルートを 吹く少女いて 夏の月

ふりむけば 満月光り 大暑の夜

原爆忌 海に泳ぐ子 笑顔かな

suntorinaからニュージーランド産りんごの写真と文

りんごと言えば、昨年の今頃、日本の貯蔵りんごが品薄でとても高価でした。一昨年不作だったか台風の影響かでそういうことになったのでしょう。
そんな折、近所の良く行く大手スーパーで、ニュージーランドからの輸入の「ふじ」が山積みしてあるのを見つけました。
「こう来たか!」と、びっくりしました。中玉でしたが、おいしかったですよ。
写真を、管理人さんにお願いしてこの近況報告に掲載していただきました。
ラベルが貼ってあるものと、切ったところの中身です。かすかな蜜入りジューシーさが分かりますか。
しかし何と言っても、日本の果物は世界一ですね。
まもなくりんご狩・ぶどう狩の季節、楽しみです。
suntorina

中村房江さん  投稿 酷暑の日々

酷暑の日々      中村房江

今年は早々と梅雨入りし、早々と梅雨明け、とたんにひどい暑さだ。日本一とか二位とか、勝沼もずいぶん有名になった。七月の初めに娘に誘われて久しぶりに箱根に行ったが、あじさい電車も芦ノ湖も涼しく快適であった。その後同級生の高原氏(一高の文学部仲間で卒業後もずーっとお付き合いが続いて昨年亡くなった稲葉氏も仲間であった。)が、亡き奥様との思い出を小冊子にまとめたので読んでくれと送ってくれた。もう15年もたつとのこと・・あまりの暑さにエアコンをつけて読み始めて「ダボさんの思い出」に没頭した。しみじみとした素直な文章で理系の学者の高原氏がと感動した。夫として父として、人間としての高原氏の人物像、そして奥様の人物像、子供とのエピソード、あるがままに描かれていてホームドラマを見るような思いがあった。奥様は倖わせだったのではないかと思う。しかし、独りになった高原氏の寂寥感はいかばかりかと想像しがたい。

もう73歳老いてこれからの日々亭主と大切に生きたいとつくづく思った。

 

まどろめば 倖わせの夢 夏座敷

茄子届き 友の足音 遠ざかり

箱根路や あじさい電車に 人あふれ  

りんごと言えば、昨年の今頃、日本の貯蔵りんごが品薄でとても高価でした。一昨年不作だったか台風の影響かでそういうことになったのでしょう。 そんな折、近所の良く行く大手スーパーで、ニュージーランドからの輸入の「ふじ」が山積みしてあるのを見つけました。 「こう来たか!」と、びっくりしました。中玉でしたが、おいしかったですよ。 写真を、管理人さんにお願いしてこの掲示板のトップに掲載していただきました。 ラベルが貼ってあるものと、切ったところの中身です。かすかな蜜入りジューシーさが分かりますか。 しかし何と言っても、日本の果物は世界一ですね。 まもなくりんご狩・ぶどう狩の季節、楽しみです。 suntorina

中村房江さん 投稿 梅雨の日々

梅雨の日々   中村房江

 

はやばやと梅雨入りをしたが雨は降らず暑い日が続いていたが、とうとう本格的な天気になった。六月は私にとって、兄の忌と太宰の桜桃忌があり感慨深い月である。兄は精進湖で水死した。32歳の若さであった。何十年たっても忘れられない出来事である。ショックで何日も食物が喉を通らなかったと記憶している。そして、桜桃忌、青春の思い出は太宰を抜きには考えられない。御坂の天下茶屋も何度か訪れた。又、一高近くの御崎神社の甲府桜桃忌にも参加した。又、太宰が新婚生活を送った僑居跡も訪ねた。

今年は8日に万力公園の万葉蛍まつりに出かけた。何十年ぶりで蛍の乱舞を見て感激、そして16日には色川大吉氏の憲法の聞きに・・・・

梅雨が明けると、強烈な甲州の夏がやって来る。

 

麦秋や 農夫にもらう 二・三本

憲法の 話聴く午後 梅雨晴間

闇の森 たどりて行けば 蛍かな

坂本孝君関連記事

ダウンロード
2013/06/17 山梨日日新聞一面に掲載された記事
プレジゼント・NHKに続きサンニチ新聞にも彼の記事が掲載されましたので紹介します。
サンニチ新聞に掲載された坂本孝君の記事.pdf
PDFファイル 1.7 MB

長坂君夫妻の奉仕活動 クリックすると拡大します

   石和町広瀬区の庶務係写真班でした。その時の写真です

長坂与一の楽しい一日

写真はクリックすると拡大します  子供さんの写真は削除しました。

今日は孫と五人で田中君と奥村君ちの庭の延長のところにあるハイジの村へ行ってきました。ピストンバスで外の食べ放題のバイキングにも行きました。シイタケの見学もしてきました。コスチュームプレーヤーもいました。ディズニーランドのようですね。明野町もずいぶん開けたものです。バラがちょうど盛りですごいものでした。大人が行っても十分楽しめました。子供の作文のようで可愛くなってしまいました。だいぶ夜も更けてきました。今朝は有価物の回収があり、6時から支度して働いてきました。そろそろ寝ないと明日の仕事に支障をきたしますので、ではグッナイ。

はる子さん 投稿 近況報告

 卒業式雑感

きのう3月21日は地域の小学校の卒業式でした。その一週間前は中学校の卒業式で来賓として参列させて戴きました。民生主任児童委員として参加した訳ですがーーー。   昨年2階の待合室の窓から桜の花が顔を覗かせていたのは4月の入学式でしたが今年は卒業式にもう開花して卒業を祝ってくれているのです。3週間も早い開花でした。式場では5年生はインフルエンザの関係で全員がマスクをしていました。卒業式での圧巻は  “  別れの言葉  ”  でした。卒業生全員 約90名が壇上に上り六年間の思い出や先生、父母、友達への感謝のことばを少しずつのべる。その合間に歌も入る。皆良く通る声で発表していました。屋内体育館の隅々にまで響いていました。又昨年も思ったのですが服装は男の子は黒いズボンに上は黒いカーディガンか黒いブレザー、女の子はチェックのスカートに黒いブレザーその襟には白い縁取りがありまるで   AKB48.  を彷彿とさせる出で立ちに時代を感じましたね。
 中学校の卒業式は息子がこの学校を卒業していましたので懐かしいものがありました。又主人も10年前この学校を最後に退職していましたので “卒業証書授与”や  “卒業生に贈る言葉”   の所では  「ここで渡していたんだ。」  とか  「  ここでしゃべっていたんだ 。」などover  lapしていました。
やはり中学校でも圧巻は  “  別れの言葉”  でした。二人ずつ前に出て 先生への両親への、友達への感謝の言葉を述べる所では男の子二人が両親への感謝を胸をつまらせながら言うのを聞いてこちらももらい泣きしてしまいました。
言葉の合間に全員による長い詩の歌を何曲も歌っていました。歌詞を覚えるだけでも大変だろうなと思うくらい、子供達や先生方の努力の結果を見る事ができとても良かったです。
民生主任児童委員になるきっかけは主人が自治会長をしている時、 前の委員が任期を終えるので次の人を探していました。私は国際文化交流会に30年も所属し会計や外国語講座の担当スタッフ、韓国旅行団受け入れの担当スタッフもしていましたのでとても大変なので民生委員になる気はサラサラ無く他をさがしたりしていました。主人も決まらない役を自分が引き受けたりしていました。
“  明るい選挙推進員”   “愛育会”  も引き受けていました。「民生委員を俺がする訳にはいかない。」と言っていました。それも頷けます。ついに私が折れてこの役を受け入れれました。二年前の事です。任期は三年です。
ーー「はじめは  いやいや受けた役でした。研修会や会合が沢山あり大変でしたがこの年齢になって感動をもらえる卒業式に参加できた事は良かったかなと思う
今日  この頃です。ーー
ちなみに地区にもう一人、男性の民生主任児童委員がいるのですが、その人も自治会長をしている時、民生委員がきまらずやむおえず自治会長と主任児童委員を引き受け兼務していました。今は代わりを探すのが大変のようです。

中村房江さん 投稿 春来る

玄関にオモチャの雛を飾った。節分・厄地蔵と過ぎ、2月17日万力穴観音の春祭りに同級生4人と出かけた。春らしい日ざしの中、しばし読経に耳をかたむけた。10名の僧が経本を広げ繰るのは虫干しの意味もあるとか興味ある仕種であった。又来年もと思った。

昼は奥山サン行きつけの店「来来」の坦々麺は美味であった。

そういえば安岡章太郎が亡くなった。一高に講演に来てくれたことを思い出す。文学部の部室にその後来てもらって色々と話をしたことも。内容は覚えていないが新進の芥川賞作家と直接話ができた感動は忘れがたい思い出だ。文学との係りの原点だったと思う。安岡はその後県立文学館開館と同時に創設された山梨文学賞の審査委員をつとめられ何度か来県されていた。歳月というものは残酷なものだと思った。

 

寒椿 母の歳を とうに超え

昭一の 句集抱きて 春の町

大柴晏清君の近況報告です

アマゾンのキンドルに登録しました

早川町 辻一幸 作詞 ご当地ソング  慕情の宿

  作詞 北山一行(辻一幸)岡千秋作曲 三船和子歌

   歌詞と譜面がありましたので写真で掲載しました

中村房江さん 投稿 師走の日々

師走の日々   中村房江

 

 あっという間に12月まさに師走である。笹子トンネルの事故のその2日にコットンクラブでチェロとピアノのコンサート。平野玲音さん矢崎さくらさんのすばらしい演奏にしばし豊穣な一時を持てたことは至福以外の何ものでもなかった。同級生の多くとも久しぶりに逢うことができた。次の3日、かねてから祭り好きの私が是非行きたいと思っていた秩父の夜祭に出かけた。若い友人と二人夜中に帰甲するもいとわずツアーに参加。京の祗園祭、飛騨高山祭と三大曳山祭りのひとつで4百年の歴史がある。6台の山車が夫々の趣向で飾られ乗り手の若者綱を引く若者イケメン揃いで思わずハイタッチをしてしまった。お囃子のテンポの良さライブでなければ味わえない迫力、伝統的な祭りの存在感であった。2時間近く街中を歩き数え切れない位の露天を見て廻った。今年の遊びの最後。

皆様佳いお年を。

 

  秩父路や 夜祭りの空 冬花火

  砂のごと 時こぼれ落ち 師走かな

 

 

中村房江さん  投稿  冬隣り

 俳句の季語に「冬隣り」というのがある。まさに今の季節。立冬も過ぎ晩秋も終わりに近い。今年は紅葉が一きわ鮮やかであちこちに見に行った。同級生4人と松本への電車の旅、世界的な前衛美術家「草間弥生展」を見るためだ。松本市の出身で名誉市民である彼女、市全体が草間ワールド、市のバスまでがあの赤い水玉模様に装飾されていた。86歳のエネルギーは魔物である。圧倒的なそのエネルギーに感動。久しぶりの蔵の街の散策も楽しかった。その後雁坂峠を越えて秩父の山々、大井川SL鉄道の旅、最後は河口湖・紅葉街道と富士山も感動的だったが、往きの御坂峠、帰りの精進湖線と甲州の秋を堪能した。11月も終わり、冬隣りである。来年の紅葉を又楽しみ。

 

.冬隣り 兄の忌近く 空仰ぐ

初霜の 報聞き乗りし 夜汽車かな

新そばを 友と味う 蔵の街

             中村房江

 

早川町町長選挙 辻君当選 新聞見出し

  水色のダウンロードの文字をクリックして下さい

ダウンロード
参考 早川町 人口 1159人 人口密度 3.13人/Km2
    日本一人口の少ない村(離島を除く)
      高知県 大川村 389人  人口密度 4.08人/Km2

多選の新記録は高知県の村長さんで岡村雅夫さんで13選でした。
28歳で就任し、村長在任50年で不足の2年は「体力の限界」で任期2年を残し引退したそうです。
早川町選挙.pdf
PDFファイル 315.2 KB

辰巳会(ゴルフ愛好会))に参加して  田中邦司

今日辰巳会のゴルフコンペが大月市の花咲カントリークラブで行われ。

天気予報の通り、始めるころは曇っていましたが一時間もしないうちに晴れて素晴らしい天気と気温に恵まれた絶好な環境の中で、素敵な女性2名を含む13名で和やかな内に終了しました。県内からは小生と望月君と鳴沢村在住長田久直君と地元堀田君の4名。

優勝は井上正宏君・準優勝は河西一夫君三位はグロス80でベスグロも一緒に獲得した望月政男君でした。特筆すべきはニアピンで南真紀子さんが2つ獲得したことと、加賀谷貞子さんの二人の女性が参加されたことです。(参加予定の望月千賀子さんは 都合により欠席でした。)

小生は、今回はこのホームページのネタになればと思い、無理に参加させて頂きました。ゴルフは年数は長いのですが、年に数回しかコースに出ないので、毎回、運動と参加者との友好が深まればと思い参加しております。

ゴルフはメンタルな競技と言われますが、小生は精神面、知性、頭脳・学習能力が全てに劣り大たたきをして恥をかいて帰って参りました。

でも、望月政男君と南さんと三人で回わられせて頂き、両望月(南さん=旧姓望月真紀子さん)さんには足手纏いだったでしょうが、大変楽しく有意義な一日でした。

望月君にはいろいろとアドバイスを頂き有難う。

辰巳会の皆様に大変お世話になり有難う御座いました。

辰巳会は毎年2回大月市の花咲カントリークラブで開催し、来年は523日(木)に開催が決定されました。参加ご希望で有れば幹事の井上君に頼んでみたら宜しいかと思います。

みたつ会(ゴルフ愛好会)に参加して  奥山利雄

      写真左から 石田・奥山・君島・望月・松橋・岩田 の同級生

ピカピカに晴れ上がった空に甲斐駒ケ岳を仰ぐ北杜市の北の杜カントリークラブで開催された10月のみたつ会ゴルフに初参加した。
9月25日、境川カントリークラブで開催された甲府一校同窓会ゴルフに参加した時、幹事の岩田君から誘われて、急遽参加することになったが、天気ばかりでなく、和気あいあいとした雰囲気と、同期の仲間と言う気安さも手伝って楽しい一日を過ごすことが出来た。
参加したのは写真にある私を含む6名の少人数であったが、幹事の岩田君によれば、年齢的なこともあり最近体調を崩す人が多く、毎月の開催で2組8名を超えることは殆どなく、私のようなヘボゴルファーでも歓迎された訳が理解できた。
私は以前の会社の仲間と3回、近所のオッチャン達と1回、飛び入りが1-2回の合計、月に5-6回ゴルフをしているが、ゴルフ代だけでも相当な金額になる。月々のゴルフ代が家計費に占める割合をエンゼル係数(以前よく行っていたゴルフ場がエンゼルCCと言う名前だったからと言う単純な理由でエンゼルとした)と定義すると、私のエンゼル係数は確実にエンゲル係数より高いことに愕然とさせられる。しかし、お恥ずかしいながら、故あって一人暮らしをしているため係数が高くなってもこれをとがめだてする人はいないので、憲法で保障された最低生活が確保できればゴルフをしている方が良いと考えて、高いエンゼル係数をものともせずせっせとゴルフ場に通い詰めている。
今回みたつ会に誘われて、ゴルフが出来る喜びが増え、喜び勇んで参加したが、写真の中で私を取り囲んでいる猛者たちは、いとも簡単に私が良い成績を出そうという意欲を挫き、私はぼろきれの様な惨めな気持ちでヒーヒー云いながら仲間の後塵を拝した次第である。
私が猿とすれば、さしずめ望月君はゴリラのごとく豪快なショットを連発するくせに、全部で4ホールあるパー3のホールの3ホールでニアピン賞を取る試合巧者でもあった。北の杜CCのメンバーである石田君はコースを熟知しており、数日前にホールインワンをやったと言うだけあって私は全く歯が立たなかった。昔は私のちょい悪仲間だった君島君は建設業界の猛獣たちの中で育っただけのことはあり決して負けないゴルフをしていた。ご苦労の多い幹事役をやって頂いている岩田君は、「大叩きをした。」などと言いながら、プロ顔負けのスパーショットを放ち苦も無くバーディーをとるテクニシャンでもあった。私の乱調に付き合ってくれるかの如く振る舞っていた松橋君は最後の最後に神がかり的な水切りショットで難局を切り開き、意気揚々私を置き去りにした。
私は決してマゾヒストではないが、このように小気味よく出ばなを挫かれると、却って爽快な気持ちになり、次を見てろという間違った幻想を抱かせてくれる楽しい一日だった。
山紫会のHPを見ている方たちの中にも、私に負けないくらいゴルフに嵌っている人も必ずいると思う。残り少ない我々の人生を日永テレビを見て過ごしたり、自分の病気の深刻さを周りの人たちに吹聴して過ごすより、豪快にOBを連発しながら一緒に白球を引っ叩いて過ごそうではないか。
最後に、今回私のようなヘボゴルファーを受け入れてくれた幹事の岩田君をはじめみたつ会の皆様に感謝しつつ報告を終わらせて頂く。また、石田君にはメンバーによる特別割引料金をアレンジして頂き、私のエンゼル係数の降下に大いに役立ったことを感謝している。

奥山利雄

辻一幸君 がんばれ

10月18日山梨日日新聞記事

辻一幸君  早川町町長選 9期目を目指して

 

今日1018日山梨日日新聞の一面トップに、我が親友の記事が載っておりました。

山梨県内に在住の方はご覧のことと思いますが、県外の同級生の皆さんに紙面を掲載します。ご存知のとおり山間僻地をいかに全国版に引き上げて、観光客の誘致に邁進して既に32年、行政に携わった者として感服のいたりであります。

同級生として9期連続当選を祈って声援しましょう

告示23日投開票28日です

下記のダウンロードの文字をクリックして下さい。

ダウンロード
山梨日日新聞記事
辻一幸.pdf
PDFファイル 153.9 KB

ブリヂストン美術館 鑑賞会

  ドビュッシー、音楽と美術 写真掲載  クリックすると拡大します

24年10月10日 ブリヂストン美術館の「ドビュッシー音楽と美術」の解説を山紫会会員である島田紀夫館長の説明会と絵画鑑賞会が行われました。

参加者は写真の通り15名でした。(写真に載っていない方 古屋みつほさん)

鑑賞後島田館長を囲んで銀座アスターで懇親会も行い盛り上がりました。

詳細は、後斉藤(中村)峰子さんより投稿の予定です。

 

甲府一高同窓会親睦ゴルフ大会 開催される

下の写真2枚はクリックしますと拡大します

甲府一高同窓会 親睦ゴルフ大会

 平成24925日  境川カントリークラブ

 

毎年恒例の甲府一高同窓会 親睦ゴルフ大会が行われ山紫会からも10名が参加しました。

参加者は  望月政男 清水悦行 伊東武 関博道 小河原正巳 

      奥山利雄 小森始  松橋勝美 岩田紀夫 君島由則

成績は 個人の部  7位 望月政男 総参加者142名中 新ペリア方式

    団体の部  7位 23学年中  上位3名の総得点による

 

大会概要感想は後日参加者より報告予定です。

 

奥山利雄君のコメント 掲示板より再 

甲府一校同窓会 ゴルフ大会
ゴルフだけが現在の生きがいである私なので、無理やりお願いして今回のゴルフ大会に参加させていただきました。昨年は160数名参加の大会で、100位でランの花を賞品に頂きましたので、今年は少し順位を上げまた柳の下に泥鰌がいないかと思っての参加でした。学年別の対抗戦でもあり、各学年の上位3名の合計スコアの少ない3学年が入賞することになっているので、良いスコアを出して山紫会に貢献できないかという思いもありました。
組み合わせの関係上私は昭和39年卒業の後輩達との競技でしたが、老境に入ってからの5歳の年齢差は大きく、ゴリラ軍に立ち向かうニホンザルのようにそのパワーの違いに圧倒されました。しかし終わってみれば、ゴリラたちより少しだけショートゲームの上手いニホンザルが一番成績が良く、留飲を下げることが出来ましたが、全体の中の成績は良かったのか悪かったのかよくわかりませんでしたが、自己満足できる程度に良かったので、スキップを踏みながら軽やかな足取りで帰宅しました。
同期の中では抜群の実力を見せて望月政男君が入賞しました。小河原君や君島君も飛び賞を貰い、同期の仲間との語らいの後、パーティー会場を後にしました。来年も同じ仲間で元気に参加できればと願っております 。奥山利雄

 

 

管理人が得た追加情報 

母校創立130周年の記念で始まった本大会も今回3回目、境川カントリ-を貸り切って142名の参加で開催となりました。本コースは38年卒の金丸信吾氏経営であるだけに、ショートホール1か所には4つものホールを設けるなど面白くしてくれています。(結局はホールインワンは出ませんでしたが)寄贈品の賞品も多数寄せられ、みな素晴らしく魅力的で、飛賞にもふんだんに。しかも、新ペリア大会ですので、チャンスがだれにもあり、表彰式を楽しくしてくれます。

我が山紫会からは10名もの参加者がありました;個人戦最高位は望月政男さん7位入賞(グロス 76 ハンデイ3.6 ネット72.4)が最高で、次が42位清水悦行さん、以下伊東武さん、関博道さん、小河原正巳さん、奥山利雄さん、小森始さん、松橋勝美さん、岩田紀生さん、君島由則さんでした。いずれもハンデイキャップには恵まれませんでした。飛賞は小河原さんと君島さんにあたり、それぞれ飲物1ダースをもらいました。

また、ショートホール1か所でグリーンを外した人はペナルティとして1000円以上のチャリテイで母校に寄付、合計約14万円が同窓会事務局長の大西勉さんに贈呈されました。

団体優勝は、2位に金丸信吾さん(グロス76、ネット71.2)3位村松厚さん(グロス74、ネット71.6)を擁して38年卒がダントツの優勝、個人は36年卒の末木隆夫さん(グロス84、ネット69.6)でした。

来年は、現役の人も参加しやすい日曜日に開催するとのことです。今回参加されなかった方も次回参加してください。

 

 

堀田ふつみ・多田文夫・松土昭彦  大洗に挑戦


大洗に挑戦

山紫会のみなさま、ご無沙汰しております。

早いもので一高を卒業して半世紀が過ぎました。

私たちは一木会と称して月の初めの木曜日にゴルフをしております。

始まりはもう10年以上前になりますが、辰巳会の常連だった久保田淳一君(立川市)を中心に、上野原のサンメンバーズCCがそれぞれのコースだったり近かかったりして、多田丈夫君(八王子市)松土昭彦君(診療所が立川市)山田薫君(八王子市)長田久直君(鳴沢村)そして小生堀田ふつみ(大月市)たちが集まりました。

中でも松土、多田、堀田の出席が多く、この三人で2005年にはスコットランドゴルフツアーに出かけました。その年の全英オープンはセントアンドリュズで行われ、タイガーが勝ちニクラスが引退した記念の大会の直後でしたので私たちも夢心地でプレーしました。(因みに私は94)

それからも日本の名コースに行く機会に恵まれ、2006年廣野(松土84)、2008年程ヶ谷(多田90)、2009年東京ゴルフ倶楽部(堀田82)、などでプレーしました。

今回は平成24年8月30日に茨城県の大洗ゴルフ倶楽部に行きましたので報告いたします。

今年は例年に無い暑さが続き、この日も猛暑日でしたが乗用カートは無く最後まで歩きました。防風,防砂林としての濃い松林の中に名匠井上誠一が設計した名コースです。

青マークからプレーしましたが、6,687Y、(コースレート72.0)地形は平坦ながら風に曲がった幹や枝が上空をさえぎってます。私たちはキャデーの指示する狙う方向をティーグランドで理解できないことが多々ありました。それくらい遠くまで松ばかりが林立しているのです。ボールが左右に行くと枝を避けて直ドラで低くグリーンを狙うこともあり松土君が成功してパーをとりました。バンカーの上にまで枝が覆いかぶさってます。8番のP3のホールで揃ってパーだったのが唯一の上出来ホールでした。

私たち三人の成績は,100~104でした。

パーは各自2~4Hだけ、パットは35~36ですから、グリーンにたどり着くまで誰もが苦労したことが分かります。

 終わって常磐道の渋滞時間調整もかねて、大洗海岸の割烹店で食事を取りましたが、これも美味しかったです。

ゴルフの出来る健康が何時まで続くか、仲間が健在かどうかは分かりません。

お互いを気遣いながら、これからも楽しいことをやろうよと声を掛け合っている昨今です。

 

暑気払い風景

   9月5日 出席者12名 六玄にて

長坂君の発案で暑気払いを行いました。出席者全員の近況を聞けて非常に有意義な暑気払いで、植原会長の葡萄は美味しかったですし、これから(シ-ズン後)の原稿UPも楽しみに待っています。雨宮君のハーモニカそろそろ聞けそうですね。中村さんの次の一句・ポチさんの第九金森静子さんからレッスンを受けていること・久保島さんのエスペラント語・小杉さんの?他に写真展の長田君・施設経営で大忙しの仙洞田君・三神君の歴史公園のボランテァ・ラッキー望月君の甲南劇場廃止論諸事全般、ゴルフ大会の写真と結果待ってます。
今後、集まる機会を企画したいと思いますので、その時は大勢の皆様のご参加をお願いいたします。

大柴晏清君 近況報告  写真2冊の本の作者  元 こつるぎ店主

ダウンロード
邦ちゃんにきた手紙 本人の了承を得て掲載
ダウンロードをクリックして下さい
大柴晏清24年.pdf
PDFファイル 60.2 KB

写真はクリックすると拡大します  一枚ものは拡大しません

8月25日 長田興吉君写真展へ来た人   他に長坂君

2012年度(第53回)東京同窓会   盛会に終了致しました。

 

関連写真はギャラリーに掲載

   

山紫会からの出席者 17名

  橘清光・内藤勲・小尾瑛・横田悦男・伊東昭・佐藤浩・丸茂紀彦・ 田中邦司

 小森始 ・石原勲  大西勉 (来賓で出席)

斉藤峰子・村野久子 ・中村礼子・ 土屋初海・片桐恵加賀谷 貞子

 

 

HP研修会 甲府一高 日新館にて 7月6日

昨日(7月6日)大西先生のご手配で「甲府一高日新館」をお借りしまして、今回作成しましたホームページの勉強会と意見交換会を賑やかに行いました。

出席者は甲府一高同窓会のHPの作成に携わっておられます、竹内さん(49年卒)を含めて10名ですパソコンに慣れていない人・今日始めてHPを見た人等々HPのオフ会でした。 今日出席の皆さんは元気ですよ。皆さんの情報もお寄せ下さい。写真はクリックすると拡大します。

山梨日日新聞  6月16日 同級会掲載

24年6月18日付けサンニチ紙面に同級会が掲載されておりますが、今回我が山紫会34年3月卒業の写真記事が掲載されております。

4月に実施しました、琵琶湖湖東への第8回山紫会研修旅行のことです。

 

県外の方、サンニチ(HP)の 「みるじゃん」にも掲載されておりますので下記URLをクリックしてご覧下さい。

 http://www.sannichi.co.jp/do9kai/

4君が叙勲受章

水上源太郎君  甲斐市在住  平成23年春の叙勲で瑞宝単光章

2番センター 水上源太郎君(野球部
2番センター 水上源太郎君(野球部

今回の受章に関しまして多くの皆様のお陰と感謝いたしております。私は、家事・民事調停委員として「両者の言い分を良く聞き、冷静に判断する事が大切」をモットーとして、双方が合意に至るよう調停に努力いたしました。現在は裁判所より司法委員・参与委員を命じられており微力ながらお手伝いをいたしております。本業は大統スターレーンというボウリング場を経営いたしております。ボウリングというと、最盛期はレジャー性が強かったですが、今は、競技性(スポーツ)とかつ生涯スポーツとして、老いも若きも楽しめるよう推進しています。

(平成23年春の叙勲で瑞宝単光章  長年の調停委員を務められ 調停委員功労 で受章されました。 ) 

**************************

   

 

丸茂紀彦君   甲府市在住   旭日小綬章を受章

丸茂紀彦君
丸茂紀彦君

 昨秋、はからずも旭日小綬章を受章しました。想定外で、とまどいましたが貴重な体験をさせていただきました。率直にうれしかったけれど71歳という人生の最終コースに居るのだと感じた時には複雑な想いでした。一緒に受章した友達と顔を見合わせました。この間、仕事や私生活で同期生・同級生に大変お世話になってきたことに改めて感謝いたします。

 2年前、書店でカルタのように並べてある「ニーチェの言葉」を手にして、半世紀まえの学生時代に想いをはせました。その中の一節に「友人をつくる方法」と題して「共に苦しむのではない。共に喜ぶのだ。そうすれば友人がつくれる。しかし、嫉妬とうぬぼれは友人をなくしてしまうからご注意を。」-これからも、私は信条とする「日に新たなり」を大切にして人生を強く長く深く生きていくことにチャレンジしていきます。

( 山梨県公安委員長等の実績で 警察管理運営功労 で受章されました。

***********************************

小野堅太郎君  山梨市在住  旭日小綬章を受章

小野堅太郎君
小野堅太郎君

平成23年秋の叙勲に際しましては、はからずも旭日小綬章受章の栄誉に欲しました。受章は身に余る光栄であり、永年に亘り支えていただきました全ての方に心から感謝をいたしております。今後はこの栄誉に恥じることのないよう一層精進し、すこしでも地域、社会の発展に役立つことが出来るよう努めてまいりたいと思っております。

( 山梨中央銀行頭取等の実績で 金融功労 で受章されました。現在は山梨経済同友会代表幹事として活躍中、本人曰く・今はただの百姓 )

**************************

樋貝文雄君  さいたま市在住  瑞宝小綬賞受章

樋貝文雄君
樋貝文雄君

やー 山紫会の皆さんご無沙汰です。会への出席率がめっぽう悪い私、思い出して頂けるかどうかの瀬戸際ですね。

古希を過ぎて2年。「これからどう生きるか」暗中模索が続いています。その中で一つだけ見つけたのは、出来るだけ寝たきりにならない生活習慣を身に付けよう(当たり前ですよね)ということで、実践開始といったところが近況です。

さた、この度、分不相応な章を頂いてしまいました。健康で最後まで世のため人のために社会貢献していくことが私の責務と考え、これからの人生を歩むことに致します。

山紫会の皆様方のご健康、ご活躍を祈念いたします。

(24年春の叙勲で瑞宝小綬賞受章   元神奈川県県土整備部長で 建設行政事務功労  で受章されました。

  **********************************

長坂与一君 長坂整形外科院長
長坂与一君 長坂整形外科院長

長坂与一君   笛吹市在住   平成24年6月投稿

山紫会の皆様こんにちは、素晴らしいHPが出来感激し関係者の努力に心より敬意を表しお礼いたします。二年七組の集合写真(鷲尾君の後ろが多分私だと思います)その他万力公園の写真などはビックリ物です。私は三年間矢崎君 高見沢さん 剣持さんとは一緒だったと思います。楽しい高校生活を過ごさせていただきました。今回の琵琶湖方面への旅行で夕食後一室に集まり大勢集まった頃望月当時同窓会会長が私においお前司会をやれと言われ、言われるがままに始めました。近況について、四人の親のうち一人でも生存してる人がいるか孫の一番年上の人は何歳かなどを中心に話をしてもらいました。結果親が生存している方が最近まで介護をしていた人を含め四人でした。孫の最年長は19歳でした。

 私は10年前脳出血で倒れ左半身不随となってしまいましたが一応元気になり研修旅行にも時々参加させていただいております。その時には介護よろしくお願いいたします。皆様は健康にはくれぐれもお気をつけください。私の父は101歳になり耳は遠くなりましたが元気で月~金はデイサービスに行っております。私共夫婦二人で出かけるときはショートステイも利用しています。孫は4歳の女の子が一人だけです。

**************************

雨宮 秀君
雨宮 秀君

雨宮 秀君  甲府市在住  平成246月投稿

ブログ欄にてご覧下さい。ハーモニカ

***************************

 



奥山利男君
奥山利男君

奥山利雄君  山梨市在住    平成246月投稿

友人と言うものはいくつになっても良いもの。久しぶりに会って語り合うのも楽しい。至極元気で、晴耕雨読ならぬ晴ゴルフ&農業、雨パソコン遊びの気ままな生活を送っています。 山紫会は楽しかったね。実は学校を出てから48年間山梨を離れていたため66歳で定年退職後郷里の山梨市に帰ってきたら浦島太郎状態でしたが、高校の時に一緒にバスケをしていた丸山修君が隣村に住んでいて私の山梨や一高の友人たちとの繋がりを再生してくれました。いくら感謝してもし足りない彼が昨年131日に交通事故で亡くなり一高とのつながりがだんだん希薄になりつつあります。年に一度の同窓会とバスケの仲間との月に一度の無尽会だけが一高との繋がりを思い出させてくれる機会です。 

***********************************


    

中村房江さん(旧姓渡辺) 甲府市在住      平成246月投稿  一句  交わりを絶ちし友あり桜桃忌   

今年は6回目の干支を迎えた。辰年である。恙無く歳月を送ってきたと言える。母となり孫を持ち今は夫と二人暮らし、日日好日である。山紫会の旅行は還暦の年京都へ行ったのが始まりで今回は8回目。4月に琵琶湖・彦根・長浜など楽しい旅だった。どの旅も参加出来たのは健康であったことだ。その間にも何人かの同級生が鬼籍に入った。これからも健康である限り山紫会の集まりに参加したいと思っています。

******************************


有賀君
有賀君

有賀惠蔵君 山梨県昭和町在 平成246月投稿

 昨年度より山梨県のことぶき大学「勧学院」に入学し、今年は2年目に入りましたが、本年度は「山梨版仕分」で規模縮小になりました。月2~3回、日本経済の動き、山梨に関係ある人生、高齢者の健康づくりなどの講演を聞たり、郷土史研究の史跡めぐりやグランドゴルフなどのクラブ活動を楽しんでおります。歓学院の学生は、女性が7割を占め女性上位の様相を示しています。写真は、昨年末に郷土史研究クラブで実施した塩山方面見学会の写真です。女性の多いことが分かりますが、このような見学会を年4から5回行っております。また、地域では、いろんな無尽会が有ります。最近は無尽会といっても、皆で集まって会食をしながら情報交換、懇談をするだけです。またボランティア活動、ゴルフやグランドゴルフの愛好会で事務局などをしながら、下手の横好きで、ゲームを楽しんでおります。畑も少しですが有りますので、暇を見つけて畑仕事をしておるような状況です。

***********************************


古屋みつほさん
古屋みつほさん

古屋みつほ さん(旧姓 沢登) 甲府市在住 平成246

会員の書画・作品展・コンサート等情報を知りたいです。

現在23ヶ月になる外孫に翻弄され、私自信の自由になる時間が限りなく少なくなっています。機会あるごとに、同級生のお元気な姿を拝見し、自分とも元気に保って、せめて数年、いや、十数年、健康体を保ちたいです。

******************************

田中邦司です
田中邦司です

田中邦司  甲斐市在住 平成246月投稿

今回、山紫会の事務局を手伝うことになりました 田中邦司 です。このホームページの作成に携わっておりますが、何分にも素人な者ですので、不備が沢山ありご迷惑をお掛けすると思いますが宜しくお願いいたします。 ホームページを維持するには、内容が肝心で月に一度は更新しなければ皆様に開いて頂けません。それには山紫会会員の皆様が、記事・写真・近況等ご投稿を頂くことが一番です。事務局での取材には限界があります。皆様のご協力をお願いいたします。

このHPに掲示板を設置してありますし、下記へFAX/メールでご投稿下さい。

FAX 0551-20-3711 メール tk08229924@gmail.com

**********************************

伊東武君
伊東武君

伊東武君 甲斐市在住  平成246月投稿

第2の人生として行政書士の仕事を行っています。成年後見人制度発展のため、(社)コスモ成年後見サポートセンターを設立し、小生 山梨県支部長に就任し、講演活動・無料相談会等広報活動中です。山紫会の皆さん遺言状を作りましょう。任意成年後見人を決めませんか。  

(マドロスパイプの似合う男)

******************************

不老園・画家の奥村貞弘君
不老園・画家の奥村貞弘君

奥村貞弘君   北杜市明野町在住  平成246月投稿

東京から旧明野村の古民家を購入して4年目に入ります。少しばかりの畑で野菜を育てています。毎日が雑草との戦いです。お近くにお越しの節、わざわざでも、お訪ね下さい。宿泊出来ますので、酒でも飲みながら語らいましょう。小生の描いた油絵も有りますので、ご希望の方にはお分けいたしまので・・・・・・

先日ボストン展を見に行きましたがひどい目に会ってきました。

******************************

奥村君の家の付近図です。詳細な地図電話番号は掲示板にてお尋ね下さい。電話にてお知らせします。

 

アーカイブ (古い分)近況報告はこちら    まだありません